ウェルスナビの平均利回り、運用実績はどれくらい?

最新ニュース
長期的な資産運用を気軽にできるロボアドバイザーの利用者が増えています。中でも投資一任型の「WealthNavi(ウェルスナビ)」は、預かり資産や運用者数で国内トップ(※)のロボアドバイザーであり、働く世代の方を中心に支持されています。
この記事では、ロボアドバイザーを検討している方のために、ウェルスナビの特徴や利回りや運用実績について詳しくご紹介していきます。ウェルスナビの平均年利を知りたい方、ロボアドバイザーに興味のある方は、参考にしてみてください。
※ 一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2019年3月末現在)」よりモーニングスター社調べ(2019年6月時点)
目次
ウェルスナビの特徴
1-1.長期的な資産形成ができる
1-2.運用の手間を軽減できる
1-3.リスク分散ができる
1-4.ある程度まとまった資金が必要
1-5.手数料がかかる
ウェルスナビの平均利回り・運用実績
長く利用するほど手数料が安くなる「長期割」もある
まとめ
1 ウェルスナビの特徴


運営企業
ウェルスナビ株式会社

代表者‎
柴山和久

住所
東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル9F

設立年月
2015年4月

資本金(資本剰余金含む)
52億6,045万円(資本剰余金含む)※2020年3月27日現在

自己資本規制比率
366.7%(2019年6月末)
※自己資本規制比率は企業経営の健全性を表す重要な財務指標で、金融商品取引業者は、この自己資本規制比率が120%を上回るよう努めることが義務付けられています。

登録番号
関東財務局長(金商)第2884号

事業内容
金融商品取引業

口座申込み件数
31万口座を突破(2020年6月4日時点)

預かり資産額
2600億円を達成(2020年7月9日時点)

ポートフォリオ診断
0円(無料)

リンク元

Comments

Copied title and URL