ウェルスナビとTHEO+docomoどっちが良い?利回りや手数料、実績を徹底比較

最新ニュース
将来の資産形成手段として、ロボアドバイザーを検討する方や利用し始めている方が増えています。
この記事では大手が提供するロボアドバイザーサービスのウェルスナビとTHEO+ docomoのどちらを選べばよいかについて、「利回り」「コスト」「最低投資額」などさまざまな視点から徹底的に比較します。ロボアド選びの参考としてぜひご活用ください。
目次
ウェルスナビとTHEO+docomoの概要
1-1.ウェルスナビとは
1-2.THEO+docomoとは
ウェルスナビとTHEO+docomoを徹底比較
2-1.投資戦略の比較
2-2.ポートフォリオの比較
2-3.コスト面(手数料)の比較
2-4.利回りの比較
2-5.最低投資額の比較
2-6.節税機能の比較
どっちのロボアドを選べばいいの?
3-1.ウェルスナビが向いている人
3-2.THEO+docomoが向いている人
まとめ
1 ウェルスナビとTHEO+docomoの概要
まずは、ウェルスナビとTHEO+docomoのサービス概要、それぞれの運営企業について簡単にご紹介します。
1-1 ウェルスナビとは
ウェルスナビは投資一任型のロボアドで、ウェルスナビ株式会社が提供しているサービスです。投資一任型とは、顧客の年収や資産額などの投資環境、投資を行う場合のリスク許容度を自動的に判定、個人に最適な運用プランを構築し、資産運用を行ってくれるものです。
「ウェルスナビ」運営企業の概要

運営企業
ウェルスナビ株式会社

住所
東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル9F

設立年月
2015年4月

資本金(資本剰余金含む)
52億6,045万円(資本剰余金含む)※2020年3月27日現在

自己資本規制比率
366.7%(2019年6月末)

(注)自己資本規制比率は企業経営の健全性を表す重要な財務指標で、金融商品

リンク元

Comments

Copied title and URL