ノーロード投資信託のメリット・デメリットは?人気の4銘柄も紹介

最新ニュース
投資信託は少額から投資ができ、また運用をプロに任せることができるため、初心者の方にも人気のある金融商品です。中でも最近は、インターネットの利用拡大に伴って販売手数料のかからないノーロード投資信託が注目されています。
投資信託で発生する手数料は、株式投資等と比べると高めなので、少額投資や長期にわたる積立投資をする場合、コストの安いファンド選びが重要になります。
そこでこの記事では、ノーロード投資信託のメリット・デメリットやノーロード投資信託を選ぶ際のポイント、人気の高いノーロードファンドをご紹介します。投資信託選びで悩んでいる方、コストを節約して運用益を伸ばしたい方は、ご参考ください。
目次
ノーロード投資信託とは
ノーロード投資信託のメリット
2-1.販売手数料が無料
2-2.手軽に購入できる
2-3.リスクを抑えた運用が期待できる
ノーロード投資信託のデメリット
3-1.販売手数料以外のコストは発生する
3-2.きめ細かいサポートは望めない
3-3.大きな利益は期待できない
ノーロード投資信託を選ぶときのポイント
4-1.運用実績の良いファンドを選ぶ
4-2.純資産総額の大きいファンドを選ぶ
4-3.トータルコストの安いファンドを選ぶ
代表的なノーロード投資信託4選
5-1.日経225ノーロードオープン
5-2.野村インデックスファンド・日経225
5-3.フィデリティ・USリート・ファンドB
5-4.ストックインデックスファンド225
まとめ
1 ノーロード投資信託とは
ノーロード投資信託とは、「販売手数料」がかからない投資信託を指します。投資信託の販売手数料はロードと言いますが、販売手数料は販売会社がある程度自由に決めることができるため、同じ投資信託でも販売会社によって「ノーロードに該当する場合」と「しない場合」があります。
もっとも、投資信託の必要コストは販売手

リンク元

Comments

Copied title and URL