米国株の投資信託、おすすめは?主な銘柄5つと購入可能な証券会社も

最新ニュース
米国株に分散投資したい場合は、投資信託が選択肢に入ります。米国株の投資信託を購入することで、アメリカの複数の企業への分散投資が可能となり、リスクを軽減できる可能性が高まります。また、投資信託の場合は、個別株を購入するよりも少額からスタートできるといったメリットもあります。
そこで、今回は、米国株に分散投資できる投資信託5つについて解説していきます。「NISAやつみたてNISAで取り扱われている銘柄なのか」「どの証券会社で購入できるのか」といった情報にも触れています。米国株に分散投資しようと検討している方は参考にしてください。
目次
分散投資のメリットと注意点
米国株に分散投資できる投資信託5つを解説
2-1.SSGA 米国株式インデックス・ファンド
2-2.つみたて米国株式(S&P500)
2-3.フィデリティ・米国優良株・ファンド
2-4.eMAXIS NYダウインデックス
2-5.iFreeNEXT NASDAQ100インデックス
まとめ
1.分散投資のメリットと注意点
分散投資は、投資対象を幅広くすることで資産運用における価格変動のリスクを軽減させる方法です。
たとえば、アメリカのある企業の個別株を購入した場合は、その企業の業績によって資産額が大きく左右されることになります。ひとつの銘柄に資金が集中してしまうと、運用がうまくいかなかった場合はマイナスになる可能性が高まるといえます。
一方、複数のアメリカ株式を組み合わせた投資信託を購入すれば、アメリカの複数の企業株を購入することに繋がります。そのため、ひとつの企業に偏らない分散投資が可能となるのです。
注意点は、分散投資であってもリスクはあるという点です。例えば米国株であれば、アメリカ全体の景気悪化によって、分散投資をしていてもその影響を大きく受けてしまう可能性があります。そのため、米国株だけなく、他の先

リンク元

Comments

Copied title and URL