親の死後、家の名義変更はいつまでに必要?放置してしまった場合の注意点も

最新ニュース
親が死亡して相続によって不動産を取得した人の中には、名義変更手続きを行っておらず、いつまでに名義変更を行う必要があるのか気になっている人もいると思います。
特に期限が設けられていないのであれば、放置していても問題がないように思われますが、放置した場合には何かペナルティがあるのでしょうか?
この記事では、相続した不動産の名義変更の期限と放置した場合における注意点について解説します。
目次
家の名義変更はいつまでに必要?
1-1.相続不動産の名義変更は義務ではなく期限もない
名義変更を放置した場合の4つの注意点
2-1.不動産の売却が自由にできない
2-2.不動産の担保設定が自由にできない
2-3.権利関係が複雑になる
2-4.次の相続にかかる費用が2倍になる可能性がある
まとめ
1.家の名義変更はいつまでに必要?
親が死亡した場合、親が有していた財産を相続することになります。親が死亡して不動産を相続した場合は親から相続人に所有権が移転しますが、名義は勝手に変更されません。
不動産の名義は相続後に自ら変更しなければなりませんが、名義変更の期限がいつなのか分からないという人も多いと思います。
例えば、相続税の申告は相続の開始後10ヶ月以内、死亡した親が事業を行っていた場合は4ヶ月以内に純確定申告と期限が決まっています。
また、相続放棄や相続の限定承認は相続開始を知った時から3ヶ月以内、遺留分減殺請求は侵害を知った時から1年以内に請求と期限が決まっているので注意が必要です。
では、不動産の名義変更の期限はいつに定められているのでしょうか?名義変更について詳しく見ていきましょう。
1-1.相続不動産の名義変更は義務ではなく期限もない
そもそも名義変更は必ず行わなくてはならないものなのでしょうか?
不動産の所有権は登記簿謄本の権利部に明示されています。登記に記載されている人が亡くな

リンク元

Comments

Copied title and URL