「アドルフ・ヒトラー」この類まれな経済の天才

FXトレンドニュース
「アドルフ・ヒトラー」この類まれな経済の天才1920年4月27日、30歳になったばかりのアドルフ・ヒトラーは、ミュンヘンのビアホール「ホーフブロイハウス」で1200人の聴衆を前にして、経済破綻した共和制ドイツを立て直すためには「天才的な独裁者が必要である」と叫んだ。 ヒトラーの「芝居がかった自己演出」が受け入れられたのは、ナチスが基盤にしたのがミュンヘンだったからである。北ドイツのベルリンと違って、南ドイツの市民は、大げさなことを好む気質だという。ビアホールの聴衆は、仕事帰りのサラリーマンや販売店員であり、その4分の1は女性だった。彼らは、政治集会というよりは、「おもしろい見世物」を
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL