貸株を行うメリット・デメリットは?貸株に必要な手続きなども徹底解説

最新ニュース
株式投資で利益を得る方法には、配当や株主優待などのインカムゲインと、売買によるキャピタルゲインがあります。しかし、「貸株」によって利益を得られるということは、知らない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、貸株の概要やメリット、注意点などについて解説します。また、貸株を行うための手続きも紹介しますので、参考にしてください。
目次
貸株とは?
貸株のメリット
2-1.貸株金利を受け取れる
2-2.長期的に保有している株式を活用することができる
2-3.自由に売却できる
貸株の注意点・デメリット
3-1.株式を貸している間は株主優待を受けられない
3-2.配当金ではなく「貸株配当金相当額」となり雑所得扱いになる
3-3.貸株をしている証券会社が倒産したら貸株は戻ってこない
貸株をするために必要な手続き
まとめ
1.貸株とは?
株式投資における貸株には2つの意味があります。
1つは信用取引で株を空売りしたいと考える投資家に対して、証券会社が貸し出す株式のことを貸株といいます。空売りを行なう場合、投資家は保有していない株式を証券会社から借りてきて、それを売ることでポジションを保有します。そのため、投資家が株式を借りている間は「貸株料」というレンタル料金を証券会社に支払うことになります。
もう1つは、すでに保有している株式を誰かに貸し出すことも貸株といいます。証券会社を通じて株式を誰かに貸し出し、その対価として「貸株金利」という利息を受け取ることができます。
また、先述した信用取引のために証券会社が貸し出す貸株には、投資家から借りてきた株式が使用されることもあります。
本記事では、保有している株式を誰かに貸し出す貸株について解説していきます。
2.貸株のメリット
次に、貸株を行うメリットについて解説します。具体的には、以下のようなメリットがあります。
貸株金利を受け取れる

リンク元

Comments

Copied title and URL