仮想通貨初心者にも使いやすい高機能取引ツールを備える取引所、bitFlyerとGMOコインを徹底分析

最新ニュース
仮想通貨(暗号資産)市場は株式・外国為替取引市場などに比べて急騰・急落が度々起こることもあり、ボラティリティを狙ったトレーディングの人気が高まっています。トレーダーのニーズに対応するために、多くの仮想通貨取引所は独自の「高機能取引ツール」を開発しています。
投資初心者にとってトレーディングは難しいイメージがあるかもしれませんが、ショートポジション(空売り)で下落相場でも利益を上げることができる信用取引は覚えておくべき手法です。そして、高機能取引ツールは未経験者にも使いやすいよう設計されています。
ここでは2014年創業でビットコイン取引量国内No.1の仮想通貨取引所bitFlyerと、2017年にスタートしたGMOコインの高機能取引ツールについて解説していきます。
目次
仮想通貨FX(証拠金取引)とは?
仮想通貨取引所の高機能取引ツールとは?
ビットコイン取引量No.1、bitFlyerの「bitFlyer Lightning」
3-1. 現物・FX・先物取引が可能
3-2. 一つの画面内で様々な取引が可能
3-3. 初心者も簡単、チャートで価格を指定して注文可能
DMMグループの金融ノウハウが活かされているDMM Bitcoin
4-1.16種類の通貨ペアに対応しているレバレッジ取引
4-2.ストリーミング・スピード注文などのトレーディング機能
4-3.カスタム可能なPC版取引システム!
取扱銘柄・注文機能・手数料などを比較
まとめ
①仮想通貨FX(証拠金取引)とは?
FX取引とは、ビットコイン現物の取引を行わず、買い/売りの宣言を繰り返すという投資手法です。売り買いの価格の差額を決済することで、差し入れた証拠金が増減していくことになります。現物取引と違って売りからでも取引できることや、レバレッジを掛けられることが特徴です。うまく使いこなせれば大きな利益を狙えますが、

リンク元

Comments

Copied title and URL