株初心者が知っておきたい売り板・買い板の見方、板を分析するメリットも

最新ニュース
株式投資において「板」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。板に表示される情報は株式投資においてとても重要なものですので、きちんと理解しておく必要があります。
そこで今回は、株式投資における売り板・買い板の見方や、板の分析方法、板を分析するメリットについて解説します。
目次
売り板・買い板の「板」とは?
1-1.株価がどう決まるのかを知れば板がよくわかる
売り板・買い板の見方
2-1.板情報の見方
2-2.注文数が多ければ板は厚くなる
2-3.売り気配と買い気配
2-4.板情報に表示されるマーク
板を分析するメリット
板情報の注意点
まとめ
1.売り板・買い板の「板」とは?
株式投資における「板」とは、価格ごとに買い注文と売り注文がどれだけあるのかを表示する一覧表のことをいいます。板に表示される情報のことを板情報もしくは気配情報ともいいます。
板に表示される情報は以下の3つです。
注文価格(気配値)
売り注文の数量(売気配株数)
買い注文の数量(買気配株数)

板情報の中央に表示されるのが株式の注文価格で、「気配値(けはいね)」といいます。また、ここに表示される株式の注文価格は「指値注文の価格」になります。
次に、注文価格の左側に表示されるのが売り注文の数量となり、これを「売気配株数(うりけはいかぶすう)」といいます。例えば上記の板情報であれば、1,000円の売り注文(指値注文)が6,800株分入っているということになります。
注文価格の右側に表示されるのが買い注文の数量となり、これを「買気配株数(かいけはいかぶすう)」といいます。上記の板情報では、999円の買い注文(指値注文)が6,200株分入っているということになります。
このように、板情報を見ることによって、どの株価にどれくらいの注文が入っているのかがわかるというわけです。
1-1.株価がどう決ま

リンク元

Comments

Copied title and URL