GPIFの外債投資余地が株高でさらに拡大、7兆円規模との試算も

最新ニュース
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が外国債券に投資する余地が2020年度に入って一段と広がっているもようだ。運用資産全体に占める外債の構成比が、世界的な株高に伴う保有内外株の評価額の膨らみで、目標値より一段と下がったとみられるためだ。
Source: Bloomberg.co.jp

リンク元

Comments

Copied title and URL