6月の取引所OKEx、8,000BTCを超えるクジラのビットコイン取引を記録!

仮想通貨
OKExがクジラ取引で市場をリード
OKExに6月は毎日最大のクジラ取引数を更新し、売り注文数の2倍の買い注文が発生した日もあったと仮想通貨市場データを提供するKAIKOがブログで発表した。
6月のOKExにおける月間ビットコイン取引数はこれまで最大の513.1BTCが取引され、2位のBinanceの343.7BTCと、1位と2位の取引量の差は169.4BTCであった。KAIKOによるクジラの定義は10BTC以上で、6月の1カ月間にOKEx で取引されたBTCは8,000BTCを超えている。KAIKOがクジラの取引数を調査したのは、以上の11仮想通貨取引所を対象に調査している。
Binance(BTC-USDT)
Huobi(BTC-USDT)
Bitstamp(BTC-USD)
Coinbase(BTC-USD)
Bitfinex(BTC-USD)
Kraken(BTC-USD)
Liquid(BTC-JPY)
OKEx(BTC-USDT)
Bitflyer(BTC-JPY)
LMAX Digital(BTC-USD)
Gemini(BTC-USD)

KAIKOブログから画像引用
クジラの取引をみる
調査対象取引所でのクジラ取引の構成を詳しく見ると、取引所ごとのクジラ取引の生の数を調べることができる。これには、10 BTC以上のすべての取引が含まれる。OKExはクジラの取引サイズの面でもリードしており、BTC-USDペアよりもBTC-USDTペアをサポートする取引所にて、より大きな取引が行われている。
KAIKOブログより画像引用
このレポートは、BTC-USDペアをサポートする取引所と比較して、BTC-USDTをサポートする取引所に、より多くのクジラ取引が行われることも表していることがわかる。これは、クリプトからクリプトへの取引と、クリプトからフィアット(法定通貨

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!

Comments

Copied title and URL