私のFXトレードのポイント[秋川匡人]

FXトレンドニュース
リピート系自動売買の運用記録を定期的にレポートしている個人投資家の秋川匡人さんに、リピート系の設定において非常に重要なポイントとなる、「注文の値幅」について解説していただきました。
※この記事は、FX攻略.com2017年8月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。
まずはリピート系のおさらいから
私のメイン運用は、リピート系と呼ばれる自動売買の一種で、レンジ相場を狙うものです。
リピート系には、マネースクエアのトラリピを元祖として、いくつかの商品が各FX会社から提供されていますが、基本的な仕組みはだいたい同じです。どれも、何度でも再設定される新規→利食いのイフダン注文か、それと同じ動きをするものを相場に敷き詰めます。
そのため、その敷き詰められた範囲での値動きがあるたび、利益確定が繰り返され、資金が増えていくというのが、リピート系の基本的な仕様です。この仕様から、トレンド相場はあまり得意ではなく、レンジ相場で威力を発揮します。このあたりは先月号の記事でも書かせていただきました。
さて、今回はリピート系の自動売買を運用するための重要なポイントである、「注文の値幅」について解説いたします。
非常に重要な値幅の設定
リピート系は自動売買の一種ですから、最初に設定をすればあとはシステムが勝手にトレードをしてくれます。だからこそ設定の良し悪しが収益性そのものといえます。先月は豪ドル円が長期的なレンジ相場であることを解説しましたが、これは重要な設定の一つである、通貨ペア選びにつながる部分です。そして注文の値幅は、通貨ペア選びと同じくらい大切な設定となります。
注文の値幅とは、イフダン注文を何pipsごとに置くか、言い換えればイフダン注文同士の間隔を何pipsにするのかを指します。
例えばアイネット

リンク元

Comments

Copied title and URL