時価総額1000億円超えのAIインサイド、コロナ下の業務効率化追い風

最新ニュース
人工知能(AI)を駆使して手書きデータをデジタル化するクラウドサービスなどを手掛けるAIインサイドの時価総額は、株価の急伸により上場から半年で1000億円を超えた。市場の注目度が高まっている背景には、新型コロナウイルス感染拡大で国内企業にとってテレワークの推進や業務効率化が急務となったことがある。
Source: Bloomberg.co.jp

リンク元

Comments

Copied title and URL