疑惑は晴れようとも—日本一の冤罪被害者

FXトレンドニュース
疑惑は晴れようとも---日本一の冤罪被害者第一通報者故の嫌疑をかけられた「河野義行」さんの悲劇---「松本サリン事件」 犠牲者の一人は「河野義行」さんの妻澄子さんであった。澄子さんはサリンを大量に浴びたために14年間意識が戻らなかった。その物言わぬ妻の看病を続けていたが、とうとう2008年8月5日、妻は意識が戻らぬまま旅立ってしまった。 「河野義行」さんは、事件発覚から9カ月もの間、犯人同然の扱いを受けたのである。疑いが晴れたのは「地下鉄サリン事件」が発生したからである。カルト集団「オウム真理教団」による犯行であった。 過去に例がないほどの過激な「報道被害」と云え
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL