国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴を元トレーダーが解説!おすすめポイントも比較

最新ニュース
証券会社を経て、仮想通貨(暗号資産)取引所でトレーディング業務に従事した後、現在は独立して仮想通貨取引プラットフォームのアドバイザリーや、コンテンツ提供事業を運営する中島翔氏のコラムを公開します。
目次
国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴、おすすめポイント
1. Coincheck
2. GMOコイン
3. DMM Bitcoin
4. bitflyer
5. TAOTAO
6. SBI VCトレード
7. ディーカレット
仮想通貨取引所の特徴を理解して利用すること
>国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴、おすすめポイント
コロナショックを機に仮想通貨(暗号資産)FXのトレードを行いたいという個人投資家が増えてきており、将来の資産に対して不安視する若者が増えてきました。また仮想通貨の認知度も日本では少しずつ高まる中、ユーザー層の年齢が幅広くなりつつあります。
日本でも仮想通貨交換業のライセンスを取得する業者が多くなり、海外の仮想通貨取引所も日本で認可を取得しているため、取引所の選択肢は増えています。
ここでは日本の仮想通貨取引所の特徴について、トレーダー目線から解説していきたいと思います。
1. Coincheck
最初は日本でも老舗の仮想通貨取引所であるCoincheckです。Coincheckは2018年に起きた仮想通貨ネム(XEM)のハッキング事件の後、マネックスグループに買収され、現在はグループ傘下として仮想通貨取引所を運営しています。
Coincheckの特徴
日本一の取り扱い通貨数
仮想通貨積立サービスがある
仮想通貨FX(レバレッジ取引)ができない
アプリが初心者でも利用しやすい
日本では仮想通貨FXの取引量が仮想通貨全体の取引量の8割から9割を占めており、Coincheckで仮想通貨FXの取引ができないのはデメリットと言えます。
一方で仮想通貨

リンク元

Comments

Copied title and URL