CFD取引のメリット・デメリットは?投資の仕組みや手数料の安い証券会社も

最新ニュース
株式投資やFXを行っている方の中には、「CFD取引」という言葉を聞いたことはあっても、どんな投資なのかよく理解していないという方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、CFD投資の仕組みやメリット・デメリットを解説します。また、CFD取引を行うための手数料が安い証券会社も紹介しますので、参考にしてください。
目次
CFD取引とは?
1-1.FXもCFD取引の1つ
1-2.CFD投資の種類
CFD取引のメリット
2-1.レバレッジをかけて取引できる
2-2.売り注文から取引を始められる
2-3.24時間取引ができる
2-4.配当を受け取ることができる
2-5.手数料無料で取引できる
CFD取引のデメリット
3-1.レバレッジを掛けるためリスクが大きい
3-2.追証が発生する可能性がある
3-3.専用口座を開設する必要がある
CFD取引の手数料が安い証券会社とは?
4-1.株価指数CFDならGMOクリック証券のコストが安い
4-2.商品CFDでは各社ともに強みがある
4-3.個別株CFDではGMOクリック証券が有利
まとめ
1.CFD取引とは?
CFDというのは「Contract For Difference」の頭文字をとった略語で、日本語に訳すと「差金決済取引」という意味になります。
株式投資では現金によって現物の株式を購入し、売却することで利益を得ますが、差金決済取引では現物の株式売買は発生しません。CFD取引では、FXと同じように証拠金を証券会社に預けたうえで対象の銘柄を売買し、その差金のみを決済します。
1-1.FXもCFD取引の1つ
このように説明されると、「FXと似ている」と感じる方がいらっしゃるかもしれません。実際、FXはCFD取引の一種で、通貨取引に特化した差金決済取引ということになります。
そのため、FX取引の経験がある方にとっては、CFD投資の感

リンク元

Comments

Copied title and URL