IMF体制が生んだニクソン・ショック

FXトレンドニュース
IMF体制が生んだニクソン・ショックIMF体制は、ドルを金といつでも交換できるという前提のうえに成立する体制である。当初はそれがうまく機能していた。しかし、ドルを基軸通貨とすることには流動性ジレンマという根本的な矛盾を回避できなかった。 すなわち、国際貿易を発展させるにはドルを大量に供給する必要があったが、ドルを印刷すればするほどドルに対する信認が低下するという矛盾に陥った。実際、1960年頃からドルに対する信認が揺らぎはじめ、「金とドルの交換」が怪しくなる。これを「ドル危機」という。その後、事態はさらに深刻になっていく。アメリカがベトナム戦争(1965~1975年)で1400億ドル
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL