気象庁命名の豪雨災害、7割以上が「7月豪雨」 梅雨末期は全国的に大雨に警戒を(THE PAGE) – Yahoo!ニュース

最新ニュース
気象庁は現在継続中の豪雨について、「令和2年7月豪雨」と名称を定めた。  過去、気象庁が「顕著な災害をもたらした気象現象」として、名称を定めたのは今回を含め32事例。昨年は「令和元年房総半島台風
Source: THE PAGE

リンク元

Comments

Copied title and URL