未公開株投資のメリット・デメリットは?投資の際の注意点も

最新ニュース
「株式投資」と言えば、一般的に証券取引所に上場している企業の株式に対する投資を指します。それに対して、上場していない企業の株式に投資を行う投資手法は「未公開株投資」と言い、今後の成長性やリターンへの期待から人気があります。しかし、未公開株の入手方法は限られており、流動性も極端に低いなどのリスクに注意を払う必要があります。
この記事では、投資初心者の方向けに未公開株投資の特徴、メリット・デメリット、始める際の注意点などについて詳しく解説するので、ご参考ください。
目次
未公開株投資とは
1-1.非上場企業の成長性に期待する投資
1-2.ハイリスク・ハイリターン
1-3.未公開株を入手する方法は?
未公開株投資のメリット
2-1.将来性のある企業に投資ができる
2-2.上場時には大きな利益を期待できる
2-3.株式を安く入手できる
未公開株投資のデメリット
3-1.取引に時間がかかる
3-2.流動性が低い・現金化が難しい
3-3.個人が投資できる金額は大きくない
未公開株投資の注意点
4-1.未公開株を評価するには専門知識が必要
4-2.詐欺案件もある
4-3.公開株に比べてルールが変わりやすい
まとめ
1 未公開株投資とは
未公開株投資では、株式市場に上場していない、非上場企業の株式に対して投資を行います。一般的に株式市場に企業が上場するのは資金調達や企業のブランディングが目的です。東証などの株式市場では、投資家を保護するため、上場基準を厳格に定めています。
1-1 非上場企業の成長性に期待する投資
一方、非上場企業は上場企業に比べて事業規模が小さく、経営基盤も比較的不安定です。創業から間もないスタートアップ企業や、成長性のある企業、企業の保護や採算性を高めるために上場を廃止した企業など、様々な企業が存在しています。
中には上場企業以上のパフォーマンスや将来性を期待できる

リンク元

Comments

Copied title and URL