ロボアドバイザーで元本割れ・含み損が出た時の対処方法は?

最新ニュース
ロボアドバイザーは、ロボットが投資の支援を行ってくれるサービスです。投資を行う対象から運用の方針まで、設定を行うだけで自動的に投資を行ってくれるサービスもあります。
しかし、ロボアドバイザーで資産運用を行う場合に、「含み損が出たらどうすればいい?」「元本割れしたら、短期運用での回復は無理?」などの疑問も少なからず聞かれます。そこで本記事では、ロボアドバイザーによる投資で元本割れや・含み損が出た場合の対処法について解説していきます。
目次
ロボアドバイザーとは
1-1.ロボアドバイザーのメリット
1-2.ロボアドバイザーのデメリット
ロボアドバイザーの元本割れ・含み損の対処法
2-1.長期投資の視点で考える
2-2.リスク許容度の見直し・変更
2-3.積立額を調整する
2-4.分散投資を見直す
まとめ
1.ロボアドバイザーとは
ロボアドバイザーは、ロボットが投資の一部をサポートしてくれるサービスです。その種類は以下の2つに分けることができます。
投資一任型・・・運用の全てを任せられる(投資方法や配分など)
アドバイス型・・・アドバイスのみ(運用は自分で行う)
ロボアドバイザーがどのタイプにあてはまるのかは、選択するサービスで変わります。例えば、投資一任型ではWealthNavi(ウェルスナビ)やTHEO+ docomoなどといったサービスが代表的です。
また、手数料やポイント還元などといった特徴がそれぞれ異なるため、自分の投資目的などを考慮してサービスを選んでいくことが大切です。
1-1.ロボアドバイザーのメリット
ロボアドバイザーで資産運用をする場合、下記のようなメリットがあります。特に、少額から投資が可能であることや、投資を行う際の調査などを省略できる点がメリットだといえます。
少額から積立投資が可能
資産配分を自分で考えなくていい
調査に割く時間の短縮ができ

リンク元

Comments

Copied title and URL