不動産投資ローンを組む方法は?手順や審査基準、ローンの種類も解説

最新ニュース
不動産投資は金融機関の融資(ローン)を活用することで、少ない投資金からでも投資用不動産を購入できるメリットがあります。
しかし、これから初めて不動産投資を始める方にとって、不動産投資ローン契約の流れや必要書類、審査基準など不明瞭な部分も多く、不安に思う方も少なくないのでないでしょうか。
そこで本記事では、不動産投資ローンを組むのが初めてという方のために、不動産投資ローンを組む手順や審査基準、ローンの種類について説明します。
目次
不動産投資ローンの融資を受けるまでの手順
1-1.購入希望物件の調査と資料入手
1-2.不動産投資ローン融資の仮審査
1-3.物件の購入申し込みと売買契約の締結
1-4.金融機関選定と本審査
1-5.金銭消費貸借契約の締結
1-6.融資実行と物件決済引渡し
不動産投資ローン申込、契約時に必要な書類
不動産投資ローンの審査基準
不動産投資ローンの種類と諸条件
4-1.アパートローンとプロパーローン
4-2.固定金利と変動金利
4-3.元金均等返済と元利均等返済
まとめ
1.不動産投資ローンの融資を受けるまでの流れ
不動産投資ローンでは、融資の申し込みをしてから融資が下りるまで、必要な手続きの流れがあります。融資の申し込みから実行までには一定の期間が必要となるため、購入予定の物件の買い付け申込みが無駄にならないよう、その流れを把握しておくことが大切です。
下記、不動産投資ローンの融資を受けるまでの6つの主な手順です。
購入希望物件の調査と資料入手
不動産投資ローン融資の仮審査
物件の購入申し込みと売買契約の締結
金融機関選定と本審査
金銭消費貸借契約の締結
融資実行と物件決済引渡し
これら6つの手順の内容をそれぞれ確認しましょう。
1-1.購入希望物件の調査と資料入手
購入希望物件を見付けたら、空室状況や家賃相場からみた利回りなど、収益面の調査

リンク元

Comments

Copied title and URL