10万ドル相当保有のイーサリアムアドレスが、ブラックリスト登録

仮想通貨
イーサリアムアドレスがブラックリストへ
ステーブルコインのUSD Coin(USDC)を10万ドル相当保有するイーサリアムアドレスが、ブラックリストに登録された。2020年6月16日に動きを見せたこのトランザクションは、ブロックチェーンエクスプローラのEtherscanから確認できる。
USD Coin(USDC)とは、コインベース(Coinbase)社とCircle(サークル)社によって運営されるCENTRE(センター)によって2018年9月から発行されている仮想通貨版のドルだ。
今回注目されたトランザクション「0x5dB0115f3B72d19cEa34dD697cf412Ff86dc7E1b」は、USDCを発行するエンティティであるCENTREが所有するアドレスだ。最下部にある「入力データ」欄の右横に「blacklist」と表示されている。トランザクションへの入力を形成したバイナリデータ(※メッセージ呼び出しの場合は入力データ。契約作成の場合いは契約の初期化)で「ブラックリスト」という名前のアドレスがブラックリスト関数を呼び出したアドレスと一致することがわかる。
Circle公式サイトによると、USDCスマートコントラクトによる転送が失敗する可能性があるケースとして、送信者または受信者のウォレットアドレスがブラックリストに登録されている場合を挙げている。グローバルブラックリストはUSDCスマートコントラクトによって維持されるが、これは裁判所命令やグローバル制裁規制などの法的要件に準拠するために実装された機能だ。
ブラックリストに記載されたアドレスに保有されているUSDC残高に関連する引当金は、完全かつ永久に回復できない場合があるとされている。今回報じられたケースでについて、naze
ブラックリストに登録されたのか、明確な理由はわかっていない。ユーザーはブラックリスト

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!

Comments

Copied title and URL