バーチャル整理券で「行列ゼロ」へ。整理券アプリ運営のhakkenが「ファンディーノ」で資金調達

最新ニュース
株式会社日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で、ITベンチャーの株式会社hakken(ハッケン)が7月15日から募集による投資申込みの受付を開始する。目標金額558万円、上限募集額は657万円(1口9万円、1人5口まで)と、ファンディーノの案件としては最少額となる。募集期間は2020年7月17日まで。新株予約権での資金調達。
ハッケンが提案するソリューションは「行列」だ。同社が開発した整理券アプリ「hakken」は「世界中の整理券を統合し、オンライン上に行列を創り、可視化する」というもの。飲食をはじめとする店舗ビジネスやイベントなど、行列ができる場所で効果を発揮する。
地図上で導入施設の待ち時間を確認して整理券を発券、店頭でQRコードを読み取り、指定された時間に店を再訪すれば、列に並ばずに時間を有効に使えるという訳だ。街ブラなどで待ち時間を楽しむことで、地域の経済循環を円滑にする効果も期待する。シンプルで低コストに設計されたサービスにより、施設やユーザーは誰でも手軽に導入できるのも特徴。
hakken事業では、アプリを店舗側からのサブスクリプション方式と、ユーザー側によるフリーミアムモデル(基本無料で一部機能有料)の2つの方法でマネタイズを行う。店舗側の初期導入費は不要。また、ユーザー課金に関しては、無料版では通常の整理券機能が利用でき、有料版にアップデートすることで優先的に案内されるオプション、店限定の特典などを受けられるようにする。飲食店以外に、スタジアムのゲート、病院の待ち合い、空港のゲート、テーマパークの順番待ちなどへの活用を想定している。
同社は整理券アプリ以外に2つのサービスを手掛けている。1つ目は「シェフお勧めのメニューを一緒に作ってみんなで食べる」をコンセプトとする「#いえつなキ

リンク元

Comments

Copied title and URL