川崎ドルえもん流 時間統計論|第5回 月足予測5月編[川崎ドルえもん]

FXトレンドニュース
FXにおいて時間的な要素を重要視しているという川崎ドルえもんさん。本企画はそんなドルえもんさんに統計的なアプローチから具体的なトレード戦略を教えていただきます。
5月の為替市場はポンドドルに注目!
 こんにちは、川崎ドルえもんです。時間統計論は、過去のローソク足から統計を取り、時間的な傾向を探していくものになります。今回は、5月相場の時間的な傾向についてお話ししていきます。
 最初に表①を見てください。これは5月の月足の数を2000年から集計した統計データになります。いくつかの通貨ペアで傾向が出ていますが、一番傾向が強いのはポンドドルです。過去20年間のうち陽線の回数が4回、陰線の回数が16回と陰線の回数が多くなっています。確率に換算すると、陰線確率が80%になります。80%はかなり強い傾向です。
 本誌に掲載はしていませんが、詳細データを見てみるとポンドドルの5月の月足は2010年からの過去10年間ずっと陰線をつけています。このことから、5月のポンドドルは陰線がつきやすい傾向にあると推測できます。

ポンドドルの週足統計

 もう少し詳しく見てみましょう。表②はポンドドルとポンド円の5月の週足統計データになります。5月4日からの週(2週目)を見てみると、ポンドドルの陽線確率が23%となっています。その後の11日からの週(3週目)と18日からの週(4週目)も陽線確率が40%、37%と低くなっています。
 表示されているパーセンテージは過去に陽線になった確率を示していますので、数値が低いということは陰線になりやすいということになります。つまり、5月のポンドドルは2週目を中心に陰線がつきやすい傾向があるということです。
 なお、ポンド円の2週目も陽線確率が37%と低く、陰線になりやすい傾向があります。
5月の2週目はNZドル売りの傾向も
 週足統計データ

リンク元

Comments

Copied title and URL