観光業界はブロックチェーン技術導入加速の震源地となるか

最新ニュース
今、観光産業でブロックチェーン技術の応用が注目を浴びている。航空会社やホテル業界は仲介者とコスト削減につながる技術導入に前向きだ。仮想通貨とブロックチェーンのニュースメディアCointelegraphが7月1日、伝えている。
地に足の着いたブロックチェーン技術の研究開発が進められている。航空輸送通信情報技術プロバイダーSITAのレポートによると、航空会社の59%が2021年までにブロックチェーンを内部プロセスに統合することを目標に、研究プロジェクトか実証実験を実施している。空港の34%が同様のプロセスに取り組んでいる。また、アクセンチュアが2018年に実施した調査によると、航空宇宙・防衛企業の86%がブロックチェーン技術を3年以内の導入を計画していた。ブロックチェーンの導入のメリットとして、仲介業者や調整コストを削減しコストカットへつながることが注目されている。
航空会社は管理の分業化によって非効率になっており、フライト遅延やオーバーブッキングに迅速に対応できない課題があった。しかし、ブロックチェーンシステム上でピアツーピアのネットワークでチケットの発行、予約、決済を一元化管理することで、調整プロセスは短縮できる。実際にロシアの航空会社 S7航空はイーサリアムのプライベートチェーンを導入することで、航空会社と代理店間の決済時間を14日から23秒に短縮、2019年に月額100万米ドル相当のチケットを販売している。
ExpediaやBooking.com、Airbnbなど、代理店手数料が10~30%かかるホテル予約サービスでも、ブロックチェーン技術の導入が盛んだ。旅行配信プラットフォームWinding Treeは、仲介業者の手数料を負担することなく、トランザクションを実行できるブロックチェーンプラットフォームを構築した。チョイスホテルズ系列でストックホルムのホーボーホテルは、W

リンク元

Comments

Copied title and URL