年収1,000万円超えも。新たな雇用を生む仮想経済圏(バーチャルエコノミー)

最新ニュース
BNPパリバのグループ会社L’Atelierの調査によると、オンラインゲームやVRを含む仮想経済(Virtual Economy)の現在の経済生産高は662億米ドルになっている。L’AtelierのCEOは、こうした経済圏で分散型のトークンエコノミーの利用が進むと予測している。
L’Atelierは、ニールセンのデータ、インタビュー、その他のツールを使用して、FortniteやMinecraftなどのゲームプラットフォーム、及びDecentralandなどの仮想世界市場を分析している。
レポートによれば、仮想経済圏は現在25億人のユーザーを抱えており、驚異的なペースで成長している。主な要因には、人々がオンラインで収入を得られるようになっていること、現実世界の収益機会がよりバーチャルな形に移行していることが挙げられた。
L’Atelierはこの産業の職業トップ20を紹介しており、上位にはコンテンツ配信者、プロeスポーツプレーヤー、チートツール開発者などが含まれた。印象的な収益化手段として、Second LifeやDecentrlandのアイテムを作成して最大122,000米ドルの年収を稼ぐ約4万人のデジタルアセットクリエーター、また、レアゲーム内アイテムを売却することで年に最大25,000米ドルを稼ぐ50,000人がデジタルファーマーなどが存在している。
従来のゲーム内マーケットプレイスの課題はクローズド環境であり、透明性に欠け、プレーヤーが資産を売買するための合法的な流通市場が提供されていなかった。しかし、Minecraftなどよりオープンな市場が生まれており、プレイヤーは自由に取引相手を見つけて収益機会を得ている。こうした使用例はブロックチェーンや仮想通貨、特に非代替性トークン(NFT)と相性が良いと、L’Atelierのジョン・イーガンCEOは指摘している。NFTはブロ

リンク元

Comments

Copied title and URL