昭和金融恐慌の考えたくない記憶

FXトレンドニュース
昭和金融恐慌の考えたくない記憶1927年、東京渡辺銀行破綻。日本で最初の取り付け騒ぎの発生した銀行である。1927年の帝国議会衆議院予算委員会で片岡直温蔵相が「東京渡辺銀行がとうとう破綻を致しました」と 失言したことにより取り付け騒ぎが発生し、後に経営破たんした。この事件は昭和金融恐慌発生の原因にもなり、他の銀行も取り付け騒ぎが起こる。さらに、関東大震災を経て、当時財閥を凌いでいた「鈴木商店」が経営破綻する。そのあおりを受けて、台湾経営のための国策銀行「台湾銀行」が破綻した。こうして、日本経済は未曽有の恐慌状態を呈するのだ。これに対して高橋是清蔵相は片面印刷の200円券を臨時に増刷して現金の供
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL