バブルの女帝「尾上縫」の衝撃

FXトレンドニュース
興銀を手玉に「根拠のない熱狂」---バブルの女帝「尾上縫」の衝撃バブルが生んだ美人女将、それが尾上縫である。総額2兆7千億円。1989年から91年までに、たった一人の料亭女将が作った借金総額である。 尾上縫は、大阪ミナミの千日前で料亭「恵川」を経営するかたわら、1日に数百億円の株式投資を繰り返していた女相場師だ。彼女の犯罪は、バブル期を象徴するような、その特徴が顕著に現れた事件であった。 逮捕後に、尾上縫は一躍時の人となり、テレビドラマのモデルにもなった。彼女は、「恵川」の隣に「大黒や」という比較的庶民的な大衆店を経営していた。事件は、この「大黒や」で巻き起こるのだ。「大黒
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL