企業収益に対して割高な株価、割安株を厳選し投資する局面 – 株式市場透視眼鏡

最新ニュース
前回の当欄は「当面の妥当株価の上限に近く、注意が必要な時期に差し掛かっているとみる」と結んだ。日経平均株価は6月8日に2万3178円の高値を付けてそこからやや下落したものの、下値は日本銀行と海外勢が買い、上値は個人投資家が売るという状態になっている。
Source: ダイヤモンド・オンライン

リンク元

Comments

Copied title and URL