コロナ禍でわかったストレスに「強い人」と「弱い人」、その決定的な違いとは? – だから、この本。

最新ニュース
ストレス、不安、孤独、疲れ、失業、離婚……。長期化するコロナ禍で、ネガティブな情報があふれる中、メンタルを保つのに精いっぱいの日々が続いている。特に危ないのは、炎上やバッシングが日常化しているSNSの世界。そこでうっかり負の感情の渦に巻き込まれると、すぐには気持ちをリセットできなくなる。
そんなときに真っ先に探すのが、一瞬でマイナス感情を吹き飛ばしてくれる「ゲイの精神科医Tomy」先生の神ツイートだ。
たとえば最近、救われたのはこの言葉。
「人生辛い時期もあるわ。
でもそれは筋トレみたいなもので、
なんとかやり過ごせばアナタの魅力があがる。
考え方を変えればボーナスステージでもあるのよ。」
このつぶやきを読んで、「そうか、今は心の筋肉を鍛えている時期なんだ。コロナが収束したら無敵になれる?」。そう思ったのは、私だけではないはずだ。
それにしても、辛くてめげそうなコロナ禍を「ボーナスステージ」にたとえるなんて「どんだけポジティブ?」。そう思わずにはいられないTomy先生って、いったいどんな人なの?
そこで、今までの神ツイートをまとめた精神安定剤のような新刊『精神科医Tomyが教える 1秒で不安が吹き飛ぶ言葉』も人気のTomy先生にZOOMインタビュー。メンタル強者と弱者の違いについて聞いてみた。
Source: ダイヤモンド・オンライン

リンク元

Comments

Copied title and URL