マネックス証券、主要ネット証券で初となる暗号資産CFDの取扱いを開始

最新ニュース
マネックス証券株式会社は7月8日、主要ネット証券で初となる暗号資産CFD(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)の取扱いを開始した。
同サービスはマネックス証券の証券総合取引口座を開設後、暗号資産CFD口座を開設するとで利用が可能となる。
また、暗号資産CFD口座を開設していなくても暗号資産のチャートやテクニカル指標、レートの閲覧が可能なスマートフォンアプリ「MONEX TRADER CRYPTO」も提供が開始される。
同アプリでは、暗号資産CFD口座を開設すると、暗号資産CFD取引のポジション照会、注文・約定一覧、証拠金状況、約定履歴、入出金履歴などの機能が利用できる。
2020年5月1日の改正金融商品取引法の施行により、暗号資産が金融商品取引法の「金融商品」と規定された。それに伴い、顧客保護や金融商品取引業者のリスク管理規制等を目的として、暗号資産関連店頭デリバティブ取引が金融商品取引法の規制対象となっている。
ビットコインが誕生して以来、暗号資産の市場は拡大を続けており、暗号資産や暗号資産デリバティブの取引量は増加傾向だ。上記の法令の改正と取引の拡大を受け、マネックス証券では同サービスの取扱いを開始した。サービスの取扱い開始にあたり、同社は2020年7月1日に暗号資産関連デリバティブ取引業にかかわる認定金融商品取引業協会である「一般社団法人 日本暗号資産取引業協会」に加入している。
【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】XRPとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】ビットコインキャッシュとは?特徴・仕組み・購入方法
Source: 金融・投資メディアHEDGE GUIDE

リンク元

Comments

Copied title and URL