金融庁・遠藤俊英長官の後任に、氷見野良三氏が就任

仮想通貨
金融庁時期長官が決定
時事通信は7月7日、金融庁の遠藤俊英長官(61)の後任に氷見野良三金融国際審議官(60)が就任する人事を固め、今月内にも発令すると報じた。
金融国際審議官は次官クラスで、同ポストから長官に昇格するのは初めてだ。氷見野氏が次期金融庁長官に抜擢された背景には、新型コロナウイルスの感染拡大により、世界的に金融システムへの影響が懸念されている中、国内外の金融行政に精通した氷見野氏が適任と判断されての抜擢だ。
氷見野氏は2015年からの3年間、金融危機に備えて銀行に自己資本の積み増しなどを求めた「バーゼル規制」の策定にバーゼル銀行監督委員会事務局長として尽力。2019年9月には、主要国の金融当局で構成するFSB(Financial Stability Board:金融安定理事会)の常設委員会議長に日本人として初めて就任。海外当局からの信頼も厚い。
FSA新リーダーと仮想通貨
昨年6月に開催されたG20福岡サミットに、ブロックストリームのアダムを招待するというFSAの決定に氷見野氏は尽力した。同サミットにはさまざまな利害関係者がG20に集まり、分散型金融システムを構築するためのブロックチェーンの可能性について話す機会を提供。金融庁は、Backを暗号で世界を変えようとしている「伝説のサイファーパンク」として認めた。
Japan’s Financial Services Agency is a big proponent of Bitcoin and Lightning Network.
This is the Agency’s Commissioner (top boss) on the left and the Director of Innovation on the right.
The first country that embraces Bitcoin

リンク元

仮想通貨
FX・自動売買・株・仮想通貨投資最新トレンドニュース速報!

Comments

Copied title and URL