DMM BitcoinとTAOTAOはどっちがおすすめ?手数料から取扱通貨・サービス内容を徹底比較

最新ニュース
DMM BitcoinとTAOTAOはどちらも国内において大手企業のグループ会社が運営する仮想通貨(暗号資産)取引所です。どちらの取引所も2018年以降に取引サービスをスタートして以来、顧客ベースと出来高を順調に拡大させています。
どちらも販売所形式で高機能な取引機能が用意されているので、初心者にとっても使いやすいだけでなく、トレーダーからも多くの支持を集めています。また、ビットコインはもちろん、XRPやイーサリアムなど人気の高い仮想通貨でレバレッジ取引を備えていることも後発企業ならではの戦略的な特徴と言えます。
ここでは、DMM BitcoinとTAOTAOの機能や手数料、取引銘柄など、様々な違いを解説したいと思います。
目次
レバレッジ取引(証拠金取引)とは?
DMM Bitcoinの特徴・機能まとめ
1-1. レバレッジ取引取扱い種類国内No.1
1-2. ストリーミング・スピード注文などのトレーディング機能
1-3. 80万ダウンロード突破の取引アプリ
TAOTAOの特徴・機能まとめ
2-1. 現物取引とレバレッジ取引サービス
2-2. トレード向けの注文機能、分析ツール
2-3. 最先端セキュリティ技術WAFを導入した安全の資産管理
DMM BitcoinとTAOTAOの取扱通貨・手数料などを徹底比較!
3-1.取扱仮想通貨の比較
3-2.各種手数料の比較
まとめ
①レバレッジ取引(証拠金取引)とは?
DMM BitcoinとTAOTAOはどちらもレバレッジ取引に適した機能とサービスが充実している仮想通貨取引所です。レバレッジ取引とは、仮想通貨現物の取引を行わず、買い/売りの宣言を繰り返すという投資手法です。売り買いの価格の差額を決済することで、差し入れた証拠金が増減していくことになります。現物取引と違って売りからでも取引できることや、レバレッジを掛けられるこ

リンク元

Comments

Copied title and URL