明治23年「エルトゥ―ルル」号乗組員救出

FXトレンドニュース
明治23年、和歌山県串本町沖で座礁沈没---「エルトゥ―ルル」号乗組員救出イラン・イラク戦争中の1985年3月17日、フセイン大統領が突然、「イラン領空を飛ぶ飛行機は、民間機であっても撃墜する」と宣言した。各国が大慌てで救援機を飛ばしたのだ。ところが、日本は法律その他の理由で実現しなかった。フセインは48時間の猶予時間を決めていた。刻限は迫っていたが、日本政府にはなすすべがなかった。 その時には在留邦人が215名いた。自衛隊機さえ派遣できなかったのだ。当時の野党第一党の社会党は、戦闘地域に自衛隊機の派遣なんて言語道断と猛反対した。 この事態に至って、世界の常識は日本の非常識
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL