私にとって勝ちやすいFX相場・勝ちにくいFX相場[サトウカズオ]

FXトレンドニュース
FXを長く続けている方ならご存じの通り、為替相場には勝ちやすい局面とそうでない局面があります。投資家であり有名ブロガーでもあるサトウカズオさんから見た、勝ちやすいFX相場・勝ちにくいFX相場とはどのような状況なのでしょうか。チャートを用いて解説していただきます。
勝ちやすいのは安定的なレンジ相場
 こんにちは、サトウカズオです。今回は「私にとって勝ちやすい相場・勝ちにくい相場」について話していきたいと思います。まず、私の勝ちやすい相場は一定の値幅の中で同じような値動きを繰り返す相場展開、ずばり「レンジ相場」です。
 人によっては予想のしやすいADP雇用統計(米国の給与計算代行サービス大手のオートマティック・データ・プロセッシング社のデータを基に発表する雇用調査レポート)後の米国雇用統計時や、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)理事長の強気・弱気発言後の米連邦公開市場委員会(FOMC)による政策金利発表時などを挙げる方もいると思いますが、それらをひっくるめて長い目で見たレンジ内の相場展開のことです。
 私はスワップポイント狙いの長期投資および自動売買で利益を得ているので、相場が急変して価格が一方的に動くと困るのです。ここでは分かりやすく、自動売買の場合で考えてみましょう。
カナダドル円のハーフ&ハーフ戦略
 私が普段運用している通貨ペアにカナダドル円があります。カナダドル円は長くレンジを形成していて、リピート系の自動売買にはうってつけの通貨ペアでした。そう、今は少し過去形になっています(涙)

 チャート①のカナダドル円週足チャートを見てください。75円から85円を買いゾーン、85円から95円を売りゾーンとする、いわゆるハーフ&ハーフ戦略を取っています。
 2016年11月にトランプ大統領が当選し、トランプリスクが騒がれたときには75円割れを起こしましたが

リンク元

Comments

Copied title and URL