投資信託初心者におすすめの証券会社は?選び方のポイントと具体的な7社も紹介

最新ニュース
投資信託には様々なタイプがありますが、証券会社によって取り扱うファンド数やサービス内容は大きく異なります。コスト負担やリスク対策などの面から見ると、投資初心者に向かない場合もあるので、証券会社選びは慎重に行うことが大切です。
そこでこの記事では、初めて投信信託へ投資する際の証券会社を選ぶためのポイントや、おすすめの証券会社をご紹介します。手数料の安い証券会社や、多少のコスト負担をしてもサービスの充実した証券会社を知りたい方はご参考ください。
目次
投資信託の証券会社選びで大切なポイントとは
1-1.手数料の安さ
1-2.取り扱う投資信託の豊富さ
1-3.最低投資金額
1-4.サービスの充実度
初心者におすすめの証券会社7選
2-1.SBI証券
2-2.auカブコム証券
2-3.松井証券
2-4.楽天証券
2-5.SMBC日興証券
2-6.マネックス証券
2-7.岡三オンライン証券
まとめ
1 投資信託の証券会社選びで大切なポイントとは
投資信託は、運用をプロにお任せしながら少額から分散投資をできる金融商品です。利益が出れば購入口数に応じて分配してくれるので、手間もかからず、初心者の方にも人気の高い商品となっています。
投資信託を購入するには、その窓口となる証券会社等を利用するのが一般的です。しかし、証券会社によって手数料やサービス内容は大きく異なるので、証券会社選びでは以下のポイントを参考することが大切です。
1-1 手数料の安さ
投資信託で発生する手数料などのコストは株式投資等と比べれば高めです。運用自体をファンドマネージャー(運用会社)に一任することになるので、そのぶん手間や費用が多くかかるのが特徴です。
投資信託では購入手数料などのコストが運用利回りに大きく影響するので、手数料の安い証券会社選びが重要になります。購入手数料は販売会社によって様々ですが、申込金額の1

リンク元

Comments

Copied title and URL