投資信託はどんな人におすすめ?メリット・デメリットも比較

最新ニュース
将来に向けた資産形成の手段として投資に興味を持つ方が増えています。投資の種類は様々ですが、その中でも特に人気の高いのが投資信託です。投資信託は少額資金で行えるほか、運用をプロに任せることができるので難しい投資知識を必要とせず、初心者の方にもおすすめです。
そこでこの記事では、これから投資を始めようと考えている人に向けて、投資信託の基本的な特徴や、メリット・デメリット、向いている人について詳しく解説するので、ご参考ください。
目次
投資信託の特徴
1-1.運用をプロにお任せできる
1-2.少額資金でも分散投資が可能
1-3.「インデックスファンド」と「アクティブファンド」
1-4.情報公開が進んでいて選びやすい
1-5.iDeCoやNISAなど節税メリットもある
投資信託のメリット
2-1.初心者でもできる
2-2.手間がかからない
2-3.取り扱う金融機関が多く、始めやすい
2-4.税金の計算や手続きも楽
投資信託のデメリット
3-1.手数料がかかる
3-2.短期での収益化には不向き
3-3.元本は保証されない
投資信託が向いている人
4-1.しばらく使う予定のない預貯金がある人
4-2.定期的な収入がある人
4-3.投資をしたくても時間がない人
まとめ
1 投資信託の特徴
投資信託(投信)とは、多数の投資家から資金を集めて、様々な資産に投資して運用をする仕組みです。投資信託では資金を集めるプロジェクトを「ファンド」と呼び、ファンドの設計や運用にたずさわる人を「ファンドマネージャー」と呼びます。
各ファンドに集まった資金を元手に運用を行い、その利益を出資金額に応じて投資家に分配するのが投資信託の基本的な仕組みです。
以下、投資信託の具体的な特徴について、1つ1つ解説します。
1-1 運用をプロにお任せできる
通常、投資で成功するためには資産や市場に関する一定以上の知識や

リンク元

Comments

Copied title and URL