2007年夏、佐賀北高校–奇跡の甲子園

FXトレンドニュース
2007年夏、佐賀北高校--奇跡の甲子園その攻撃巧者ぶりが存分に出たのが、今でも語り草になっている広島代表・広陵との決勝戦だった。 0-2で進んだ試合は7回表に2点を追加され、広陵が4点リード。後攻めの佐賀北は6回まで野村祐輔(現・広島東洋カープ)の前にわずか1安打。「手も足も出ない」といった状態だった。この日の野村なら4点あればまず間違いない。誰もが「広陵の優勝」を確信していたはずだ。 広陵の横綱相撲に小さなほころびが出たのは7回裏のことだった。バックネット裏を中心にぽつぽつと手拍子が起こり始める。この回の佐賀北は3者凡退。しかし、8回表、佐賀北が1死2塁のピンチを乗り切
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL