私がFXの師匠になるならば[マサにゃん]

FXトレンドニュース
FXで安定した収益を上げるには、チャート分析力を磨き、資金管理を身につけるだけでなく、既に成功している人から学ぶことも必要です。しかし実際問題、手取り足取り教えてくれる師匠のような存在を見つけることは簡単ではありません。そこで、ここでは兼業トレーダーのマサにゃんさんに、勝ち組に近づくためのポイントを教えてもらいます。
押さえておくべき五つのポイント
こんにちは、マサにゃんです。専業、兼業を問わず、これまで数多くのトレーダーさんとお会いしていろんなことを学び、成長させていただきました。今回はそのお話の中から「相場の基礎力」にスポットを当て、ぜひ知っておいていただきたい五つの点をレクチャーしたいと思います。
①ファンダメンタルズ 為替レートは資産ではない
株式相場であれば会社業績(見通しも含む)が上がれば上昇、商品相場であれば生産量(在庫)が需要に追いつかなければ上昇というふうに、値動きを考える「基本」があります。しかし、為替レートは資産ではないため、その原則は必ずしも当てはまりません。
例を挙げますと、日本の景気が悪い→株式相場では下落する可能性が高いですが、円は買われる(円高)傾向が強いです。また、米国の景気が悪くなると米国株式が下落し、それと共にドルも売られる(ドル安)傾向が強いです。
ファンダメンタルズを判断するときに、「悪い→安くなる」「良い→高くなる」は必ずしも当てはまらないことを頭に入れておいてください。
②メンタルその1 先入観を捨てる
先物取引やオプション取引には決済期限があり、それに沿ってポジションを考えていきます。すなわち基本ルールは先方で決められています。
一方、FX取引は「決済期間なし、利益・損失無制限(強制ロスカットを除く)」の世界です。そのため、取引する時間軸、決済ルールは自分で設定する必要があります。
ルールの決め方は無数に存

リンク元

Comments

Copied title and URL