老朽石炭火力発電所の休廃止を政府が「突如表明」した裏事情 – Diamond Premium News

最新ニュース
経済産業省が7月3日、老朽化した石炭火力発電所を2030年度までに段階的に休廃止させる方針を打ち出した。第5次エネルギー基本計画に沿った既定路線にすぎないのに、梶山弘志経産相はなぜ今、これを強調したのか。その裏事情に迫った。
Source: ダイヤモンド・オンライン

リンク元

Comments

Copied title and URL