製紙王・藤原銀次郎が大正末期に憂えた「日本ものづくりの粗悪ぶり」 – The Legend Interview不朽

最新ニュース
三井銀行から富岡製糸場支配人に転じた後、王子製紙の初代社長を務め「日本の製紙王」と呼ばれる藤原銀次郎(1869年7月25日~1960年3月17日)。1926年6月1日号の「ダイヤモンド」に藤原のインタビュー記事が掲載されている。26年というのは大正15年に当たり、この年の12月に元号が昭和に切り替わる。大正最後の年である。
Source: ダイヤモンド・オンライン

リンク元

Comments

Copied title and URL