青森実子保険金殺人事件の衝撃

FXトレンドニュース
青森実子保険金殺人事件の衝撃1972年(昭和47年)に青森県青森市で発生した、生命保険の詐取を目的としてひき逃げ事故を装った殺人事件。またこの事件の首謀者は被害者の実父であり、実行犯に委託殺人を依頼して犯行に及んだ。首謀者の実父は板金塗装会社を経営していたが、経営が不振に陥り、多額の借金を抱え保険金詐欺の計画を立案するに至る。1972年(昭和47年)8月28日午後8時12分頃、青森県青森市三内稲元の市道で、近くに住むA男(首謀者)が、実娘の長女B子ちゃん(被害者、小学4年生)と二女C子ちゃんの手を引いて、道路左側を歩いていたところ後ろから来た乗用車にB子ちゃんがはねられ即死した。しかし青森署が
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL