別府3億円保険金殺人事件の衝撃

FXトレンドニュース
別府3億円保険金殺人事件の衝撃1974年11月17日夜、大分県別府市の国際観光港第三埠頭で乗用車が転落。乗っていた不動産業・荒木虎美(当時47歳)は救助されたが、彼の妻子3人が溺死するという事件が起こった。死亡した3人はいずれも高額の保険金がかけられていたため、保険金搾取目的の殺人事件ではないかと見られた。12月11日、荒木はワイドショー番組に出演して身の潔白を主張、だがその直後に逮捕された。1974年11月17日夜、大分県別府市の国際観光港第三埠頭付近は日曜日ということもあって、雨が降っていたが数人の夜釣りをする人がいた。 午後10時頃、そこに時速40kmほどで走ってきた日産サニーがそのまま
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL