松田聖子の罪と罰 「主演映画カリブ・愛のシンフォニー」

FXトレンドニュース
"美魔女"となったアイドル---松田聖子の罪と罰「主演映画カリブ・愛のシンフォニー」  1985年4月13日(土)公開 この作品が、熱愛にあった「郷ひろみ」を撫で切り、乗り換えた神田正輝に深いトラウマを与える発端となった。「カリブ・愛のシンフォニー」とは、どのような作品だったのか。振り返ってみたい。 「映画のストーリー」ファツンョンデザイナー、沢木彩は、人間関係に疲れ勤め先を退社し、メキシコへやって釆た。世界的有名なデザイナー、最首俊輔を訪ねるためであり、また、15年前、行方不明になった画家であった父親がメキシコにいる事を知ったからだ。彩は案内役である日系三世の建築家、ミツ
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL