イラクへ支援のため現地に滞在した日本人3人

FXトレンドニュース
イラクへ支援のため現地に滞在した日本人3人---自衛隊撤退を要求するための人質として勾留 2004年、イラクへ支援のため行った日本人3人が、日本政府へ自衛隊撤退を要求するための人質として、ファルージャで地元の武装グループに拘束された。 日本国内では3人の軽卒な行為が国に迷惑をかけたとして“自己責任”を問われ、同時に事件と関係のない誹謗、中傷も行われた。あれからおよそ10年。高遠菜穂子さんは、事件後のPTSDを乗り越え、再びイラク支援を続けていた。イラクでの先天異常児は戦争以後、今も増え続けているのが実情である。また撮影中のファルージャでは、親米的な政府と対立する宗派の抗争も
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL