アサヒグループ、サステナビリティ推進基盤を強化へ。「グローバルサステナビリティ委員会」設置も

最新ニュース
アサヒグループホールディングス株式会社は7月6日、アサヒグループ全体でサステナビリティの取り組みレベルをさらに向上させるため、基盤となる基本方針・ビジョンを新たに策定したと発表した。マテリアリティ(重要課題)と推進体制を見直し、ビジネスモデル、成長戦略、事業活動のすべてで、持続可能性をより強く意識した仕組みを導入する。新しい枠組みの設定に合わせて、グループのサステナビリティ推進体制を一新。同社CEOの小路明善氏を委員長とする「グローバルサステナビリティ委員会」を新設し、サステナビリティと経営の完全な統合を目指す。
基本方針は「アサヒグループの商品やサービスは自然の恵みを使って、期待を超えるおいしさの実現を目指しています。大切な自然の恵みを後世につないでいくために、限りある自然を守ります」「商品・サービスを通じて、人々の楽しい生活文化の創造を目指しています。よりよい生活文化が継承されていくために、持続可能な社会を形成します」を柱とする。ビジョンは基本方針に則り、「経営戦略に『環境』『人』『コミュニティ』『健康』『責任ある飲酒』を組み込み、事業を展開するすべての地域でよりよい未来に向けた価値を創造していきます。この取り組みを通じて国連の「持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献できるよう、挑戦と革新を続けます」とした。
アサヒグループはグループ理念「Asahi Group Philosophy」で、ステークホルダーへの行動指針・約束として位置付けるOur Principlesに“すべてのステークホルダーとの共創による企業価値向上”を、また、中期経営方針では3つの重点課題の中で“ESGへの取り組み深化”をそれぞれ掲げる。これらの実現に向けて、サステナビリティに取り組む意義や目指す未来の姿を明文化し、グループ・グローバルでのサステナビリティ推進をさらに加速させていく。
基本方針と

リンク元

Comments

Copied title and URL