相続した不動産で賃貸経営する方法は?手順やスケジュール、注意点を解説

最新ニュース
相続によって不動産を取得したものの既に不動産を所有している場合は、売却するという方法以外に賃貸経営を行うという方法が挙げられます。
相続した不動産で賃貸経営を始める際は、どんな手順で始めるのか分からない人もいれば、知っておくべき注意点がないか気になっている人も多いのではないでしょうか?
この記事では、相続した不動産で賃貸経営を始める際の手順やスケジュール、注意点を解説します。
目次
賃貸経営を始める手順とスケジュール
1-1.周辺エリアの市場調査をしっかりと行う
1-2.不動産会社に相談する
1-3.金融機関にリフォームローンの融資相談をする
1-4.管理会社を介して入居者の募集を行う
相続した不動産で賃貸経営する際の注意点
2-1.賃貸経営後の資金計画をしっかり立てる
2-2.無理に相続不動産で賃貸経営を行わない
2-3.賃貸経営後の出口戦略を立てておく
まとめ
1.賃貸経営を始める手順とスケジュール
不動産を相続した人の中には、相続した不動産の対応に困っている人もいると思います。
そのまま放置しても、固定資産税や都市計画税などのコストが生じるため、無駄なコストを生じさせないためには、不動産を売却したり、不動産を有効活用するなどの方法を選択する必要があります。
相続した不動産で賃貸経営を始める場合は、不動産取得にかかる初期投資を抑えることが可能です。しかし、初期投資を抑えることができると言ってもリフォームや日々のメンテナンスによる費用が発生するため、運用前に慎重に検討することが大切です。
相続した不動産を賃貸に転用する手順とスケジュール、注意点を理解した上で賃貸経営を始めましょう。賃貸経営を始める際は、以下のような手順とスケジュールで行います。
周辺エリアの市場調査をしっかりと行う
不動産会社に相談する
金融機関にリフォームローンの融資相談をする
管理会社を介して入

リンク元

Comments

Copied title and URL