【元トレーダーが解説!】仮想通貨(暗号資産)FXでトレードするときに守るべき3つのポイント

最新ニュース
証券会社を経て、仮想通貨(暗号資産)取引所でトレーディング業務に従事した後、現在は独立して仮想通貨取引プラットフォームのアドバイザリーや、コンテンツ提供事業を運営する中島翔氏のコラムを公開します。
目次
「大きく勝つトレード」ではなく「負けないトレード」を常に意識すること
エントリー時は必ず損切り注文を入れること
他の人のトレードを真似しないこと
コロナショックを受けて、仮想通貨FXをこれから行おうと思っている方も多いのではないかと思います。株や外国為替のFXトレーダーも最近では仮想通貨のトレードに挑戦する動きも見られております。
仮想通貨は「通貨」という名前がついていますが、実際は通貨と呼べるほどの流動性はありません。また、かなり荒々しい値動きをするので、強いて言えば新興国などニッチな法定通貨のようです。
そのためドル円やユーロ円、ユーロドルと同じように考えるのはやめましょう。そうした方に向けて、仮想通貨FXを初めて行う方に向けての守るべきことを解説したいと思います。
①「大きく勝つトレード」ではなく「負けないトレード」を常に意識すること?
仮想通貨FXを行う場合に必ず意識すべきことで最初にお伝えするのは、「負けないトレード」に集中することです。
仮想通貨FXと聞くと「大きく利益が出る」とか「億り人」とかという印象が強いかもしれません。しかし、そのような印象の裏には「大きな値動きがある」ということを強く認識しておくべきです。
そのため、リスク管理は外国為替FXよりも仮想通貨FXの方が数段難しいと思っていただいた方がいいでしょう。
その理由は「ボラティリティ(価格変動)」です。外国為替FXと同等のレバレッジに設定していると、資産があっというまに大きく増えたかと思えば、反対に元金を失うこともあります。値動きが大きいと含み益や含み損に一喜一憂しているうちに資金を適切にコント

リンク元

Comments

Copied title and URL