Coincheck・GMOコイン・bitFlyerを比較!初心者におすすめの仮想通貨販売所サービスを解説

最新ニュース
ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)の投資を始めたいと考える人でも、取引に関する用語が難解だったり、通貨によって異なる取引単位に戸惑う方も多いと思います。仮想通貨取引所では、そうした投資初心者でも簡単に売買できるように「販売所」というサービスを用意しています。
Coincheck、GMOコイン、bitFlyerは3社とも販売所を提供していますが、それぞれ機能や取り扱い銘柄などが異なるため、口座開設前に特長を押さえておきましょう。また、販売所以外に各社独自のサービスもありますので、詳しく解説していきます。
目次
初心者でも簡単に取り組める「販売所形式」とは?
販売所方式を提供する仮想通貨交換業者3選
2-1. 国内最多!12種類の仮想通貨を取り扱うCoincheck
2-2. レバレッジ取引ができるGMOコインの販売所
2-3. 1円(0.00000001 BTC)からビットコインを購入できるbitFlyer
まとめ
①初心者でも簡単に取り組める「販売所形式」とは?
販売所での注文画面は仮想通貨の「数量」と、「買値」、「売値」だけが表示された「2Wayプライス」となっており、操作が簡単でわかりやすいことが特長です。価格の入力が必要ないので初心者でも注文ミスをする可能性が低くなっています。
販売所方式では、運営会社が保有する仮想通貨を利用者と取引しています。そのため、数量に関係なく提示されている価格で即購入(売却)できるメリットがあります。また販売所方式では、購入価格と売却価格の差(スプレッド)が実質的な手数料の役割を果たしています。取引所と比べて購入価格が高く、売却価格は低くなる場合があります。販売所を選ぶ場合には、スプレッドの小さいところを探すことも重要となります。
販売所で資産を購入すると、ある程度値上がりするのを待って売却しないと売却価格が購入価格を下回ってしまい

リンク元

Comments

Copied title and URL