ワイドショーを独占した別府保険金殺人

FXトレンドニュース
ワイドショーを独占した別府保険金殺人---映画「疑惑」荒木虎美の悲しすぎる"業"1982年公開の映画「疑惑」松本清張原作の同名小説を映画化した作品。この小説は、別府3億円保険金殺人を題材にしている。 疑惑を向けられた「荒木虎美」は、保険金詐取のために妻子を車ごと海に沈めたのだ。1974年11月17日ごろ大分県別府市の国際観光港の海に1家4人が乗った車が転落する。 「荒木虎美」は脱出して岸に泳ぎ着いた。不幸にも家族3人は死亡する。当初は事故と思われたのだが、その後、亡くなった3人に3億1千万円という多額の保険金が掛けられていたことが判明する。週刊誌の疑惑報道に「荒木虎美」の汚
Source: GogoJungle BLOG

リンク元

Comments

Copied title and URL